シックハウス

こんにちは。マイナスイオンコンサルタントのチバです。
今日はシックハウスのお話です。 

■シックハウス対策は自分で


シックハウスは深刻な社会問題です。しかしその対策方法の現状はお粗末です!!

まず

ホルムアルデヒドの少ない材料を厳選し換気を十分に行うとなっています。

つまり

自分でホルムアルデヒドなどの有害物質を発生する建築材料を見極め極力使用しないように努力し、せっかく高気密のエネルギー効率のいい住宅に住むにもかかわらず、外気との空気の入れ替えをしなければならない。
という事になります。



■そんなことは可能なのでしょうか?

これから家を建てようとする人には可能でしょう。
しかし、マンションや建売の住宅を購入する場合、通常、壁紙や合板など建築材料を
選ぶことはできません。
賃貸のアパートやマンション物件では勝手に部屋を改造することもできません。
今現在シックハウスの住宅に住んでいる人はどうすればよいというのでしょう!?


■換気を十分に

換気を行うことは誰でも可能ですが冬などは窓を開けていられません。
特に東北や北海道では無理です。
電気を大切にとか、無駄なエネルギーを減らそうとかECOなんだとか言っても
窓を開ければ部屋の中の温度は一瞬で外気温を同じになってしまいます。
矛盾では・・・と思います。



■家具からも発散しています。

大体にして、建築材料の問題以前に家具は?と言いたい!!
住宅がシックハウスに対応していても家具には規制がないんです。
この家具はダメだとか、この接着剤はイカンとか表示ないです。全然!
でも家具は接着剤だらけです。合板だらけなんですヨ。
これではシックハウス対策というものは、いったい何なんだと私は断固言いたい。


結構前のニュースで新築の分譲マンションを販売した会社が、住民に訴えられていました。
見てる人も沢山いらっしゃると思いますが、
『基準内の建築材料を使っているからシックハウス問題とは関係なく会社の責任はない』
とコメントしていました。

責任は本当にないのか、それはわかりませんが、家具は大丈夫なのか?
というのが最初の疑問でした。


こんな例は沢山あります。それは次回のシックスクールでお伝えします。

シックハウス対策にマインスイオンの特殊工法お勧めです→コチラ

人気ブログランキングに登録しようbanner_01.gif

LinkShareのアフィリエイトプログラム




今回の間違っているマイナスイオン!いかがでしたか。
banner2.gif
マイナスイオンで環境を最適化!
間違っているマイナスイオン使用法最新ページへ!

posted by トロロ at 01:46 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | シックハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。