PHASE-12 マイナスイオンを電気で!

こんにちは。マイナスイオンコンサルタントのチバです。
今日はマイナスイオンを電気でというタイトルでお送りします。


■マイナスイオンを発生する商品の分類

1、そのままでマイナスイオンを発生するもの
2、マイナスイオンは発生しないがマイナスイオンが発生していると言っているもの
3、電気的にマイナスイオンを強制発生させるもの
と、3つに分類できるものです。


■それぞれの特徴

1、そのままでマイナスイオンを発生するもの

 これは塗料タイプや、枕、シーツなどに多いですね。
 ブレスレットや置物タイプもおおむねこのタイプです。
 基本的にマイナスイオンの発生数はあまり多くありません。


2、マイナスイオンは発生しないがマイナスイオンが発生していると言っているもの
 
 これは、問題ですねー。マイナスイオンは発生していないわけですから。
 よく炭にマイナスイオンを発生しているといっているものがありますが、どうでしょうか。
 計っても出てないですがねー。
 全くそんな兆しもないのにマイナスイオンが出ているといっているものが沢山あります。


3、電気的にマイナスイオンを強制発生させるもの

 これは、エアコンや扇風機などでもおなじみのものです。
 超大量のマイナスイオンを発生しますが・・・これが今日のテーマです。



■マイナスイオンの電気分解

電気的にマイナスイオンを発生するものは、空気中の水の分子を雷の原理で強制的に
OH−H+の分解するものです。
浄水器でアルカリ水と酸性水に分けて出すものと同じ原理です。もうお分かりと思いますが、当然プラスイオンが発生します。
マイナスイオンと同じ数だけ発生します。
なぜなら質量保存の原則であり、鋼の錬金術師のように等価交換だからです。
もちろん電気に力で強制分解ですから何万個ものマイナスイオンを発生します。
しかし、同じ数のプラスイオンも発生します。そうですね。




PHASE-11でマイナスイオンは惚れっぽいことをお話しましたが、
実際これで室内を浄化できるでしょうか

有害物質10−マイナスイオン10+プラスイオン1010
有害物質の10がなくなりません。
電気代もかかります。故障します。


■結論

これは補助的に使用したほうがいいものであってこれ一台で室内浄化はできないという事です。けしてだめだといっているわけではないです。すごい製品もたくさんあります。ただいい加減なものが多いので気をつけないと・・・といっています。




次回はマイナスイオンの今です。


人気ブログランキングに登録しようbanner_01.gif

LinkShareのアフィリエイトプログラム




今回の間違っているマイナスイオン!いかがでしたか。
banner2.gif
マイナスイオンで環境を最適化!
間違っているマイナスイオン使用法最新ページへ!

posted by トロロ at 20:56 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内汚染とマイナスイオン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。