PHASE-11 マイナスイオンの質

こんにちは。マイナスイオンコンサルタントのチバです。

今日は、マイナスイオンの質についてです。


■マイナスイオンの質

マイナスイオンには消臭効果や殺菌効果、リラックス効果などがあるといわれていますが、質(レベルといってもいい)の高いマイナスイオン環境だからこそこれらの効果や作用を受けられるわけです。

前にマイナスイオンの発生数は室内容積によって違うから最適化しなければ意味がないことを書きました。→コチラ

(マイナスイオン発生数−プラスイオン発生数)×

マイナスイオンの発生面積×マイナスイオンの発生時間


これが魔法なんだといいましたが

(マイナスイオン発生数−プラスイオン発生数)
この部分がマイナスイオンの質です。




■マイナスイオンは惚れっぽい!

室内の広さ(容積)に対応したマイナスイオンの発生数や発生面積があっても、プラスイオンの数が同じでは、それはマイナスイオンによって最適化されているとはいえません。


なぜか?


マイナスイオンは非常に不安定です。臭いの分子やアレルゲンなど有害物質にくっついて安定したいわけです。
惚れっぽいものです。
これがマイナスイオンの働きによる室内の清浄化であり消臭のシステムです。

惚れっぽいので見境ありません。
特にプラスイオンには目がありません。
そりゃそうです。
自分の分身みたいなものであり、分けられた半身です。


■数字で表現してみましょう

室内に有害物質が10あるとします。マイナスイオンが10発生するとします。
有害物質10−マイナスイオン10 =

最適化されていますネ。


ところが

有害物質10−マイナスイオン10+プラスイオン1010

有害物質の10がなくなりません。

これではダメです。
せっかくマイナスイオンがいっぱい発生してもぶち壊しています。
それがマイナスイオンの質という事です。



次回はマイナスイオンを電気で!です。




今回の間違っているマイナスイオン!いかがでしたか。
banner2.gif
マイナスイオンで環境を最適化!
間違っているマイナスイオン使用法最新ページへ!

posted by トロロ at 22:41 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 室内汚染とマイナスイオン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。