マイナスイオンは本当に発生しているか?

こんにちは!マイナスイオンコンサルタントのチバです。
先日(2月12日)のブログ【マイナスイオン商品というもの】ということを
書きました。覚えているでしょうか。
そこでマイナスイオン配合とは何だろうとなったわけで、買ってきた商品を
マイナスイオン測定器で測定してみましたのでその結果データーです。

会社階段踊り場にて測定。マイナスイオン施工していない場所での測定です。−00.56!約560個のマイナスイオンが発生しています。見えるでしょうか。−00.56となっています。これはマイナスイオンが1ccあたり560個あるということです。会社の階段の踊り場で測定しました。なぜ踊り場なのか?

うちの会社のオフィスはマイナスイオンコーティングをグリグリにしているからです。

グリグリにマイナスイオンコーティングするとマイナスイオンの発生数はいったいどうなるか大変興味深いデスネ。
マイナスイオンコーティングにてオフィス内を施工してあるのでマイナスイオン発生数は−06.02!!オーマイナスイオンが6020個って事です。桁違いのマイナスイオン発生数です。これで施工から5年目それでは見てみましょう。これです。
−06.02となっています。
オー1ccあたり6020個のマイナスイオンが発生しているということです。
おかげさまでオフィス内はガンガンにタバコを吸いますが翌日会社に来るともうタバコの臭いはしないわけです。
天井に施工してしますから施工面から1.7mくらい離れていてこの数値です。すばらしい・・・ということで、買ってきたマイナスイオン製品の測定をオフィスで行うとすごい数値になってしまいますので踊り場で行いました。
マイナスイオンDE消臭!!という自動車の灰皿に入れる芳香ビーズです。
一個目はこれです。【ION BEADS】

自動車の灰皿に入れる芳香剤の一種ですが【マイナスイオンDE消臭!】となっています。成分を見てもマイナスイオンが発生しそうなものは配合されていないようですが、未知なる物が含まれているのかも知れません。
それにしてもすごい臭いです。室内においてはこんな強烈な臭いは逆に具合が悪くなるのではないか?と思うほどです。気を取り直して測定です。




で、このマイナスイオン芳香剤を灰皿に入れるくらいの量を取り出し、マイナスイオン測定器で測定開始!−00.54と表示されています。踊り場のマイナスイオン発生数が560個なのに540個しかない!誤差の範囲ないとしても全然・・・−00.54!!

マイナスイオンの発生数は540個!?
あれ、踊り場の測定数値が560個だから誤差を入れて考えても変わっていないのではないか?と思います。ウーン、マイナスイオンは出ていない!と考えるしかなさそうです。この商品の名誉のために書いておきますが、室内では強烈過ぎる臭いも、後で自分の車で試したところソーダっぽい臭いでなかなかいい香でした。タバコを吸う自動車内で灰皿に入れて使用することを考慮して作られているんだなーと実感しました。車に乗るときにフワッと香る!いい感じです。

それにしてもオフィスにマイナスイオンコーティングを施工したのはかれこれ5年前!一向にマイナスイオンの発生数が衰える気配もありません。さすがは効果持続期間10年!です。



=====================================================
今回の間違っているマイナスイオン使用法いかがでした!?
人気ブログランキングポチッといってみて!
=====================================================
間違っているマイナスイオン使用法の最新記事へGO!!
今回もマイナスイオンのことがんばって書きますよ〜
=====================================================




今回の間違っているマイナスイオン!いかがでしたか。
banner2.gif
マイナスイオンで環境を最適化!
間違っているマイナスイオン使用法最新ページへ!

posted by トロロ at 00:17 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスイオン測定!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。